はじめまして

はじめまして。
「薔薇たち日記」管理人の「めるちる」こと、武石と申します。

この度「ずぶの素人に育てられる薔薇たち日記」サイトを運営する運びとなりました。
薔薇が枯れるか枯れずに育つか・・・、どちらに転んでもその過程を記録していきたいと思います。

 

「薔薇たち日記」を始めようと思った理由

きっかけは、2012年の夏、長男のところから薔薇の挿し木が届いたのが、始まりです。

プラスチックのポットに差し込まれた枝…..

とてもか弱そうな枝でしたが、その枝を引っ張るとポットも持ち上がるので、土の中で根は広がっているようでした。

我が家はマンションなのでベランダの他の観葉植物と一緒に並べ、最初は、ついでに水をあげるくらいの扱いでした。

ところが、小さなポットに差し込まれているにもかかわらず、水をあげるとグングンと枝が伸びます。

ポットがすぐに窮屈になったなりました。

そこで、以前「幸福の木」を植えていた(幸福の木が枯れたので空いてしまった)白い鉢が空いていたので、その鉢に植え替えてみました。

秋になっても枝はグングン横に伸び(当時はこの薔薇がつるバラとも知りませんでした)、ついつい可愛くなって、北風が吹き始めると室内に入れるほど情が移ってしまいました。

部屋の中で近くを通る度に「刺に引っかかろうがなんのその」です。
完全に過保護です。


20121104_12012年11月の写真です。

右側の鉢が、その薔薇です。

過保護にされた薔薇の苗はわがまま放題に伸び、枝が右に流れるように写真からはみ出し、左では「エレンダニカ」に絡んでいます。

土は、観葉植物用の土。
特別な手入れは何もしていません。

長男が我が家に来て「良いツルが伸びている」と薔薇を褒めてくれたのを聞いて、初めて「ツル薔薇」だということを知りました。

2013年の春、外に出されたツル薔薇は、隣の鉢の「エレンダニカ」に乗っかるようにツルを伸ばしていきました。

 

そして2013年5月12日の明け方、エレンダニカの上に乗ったまま膨らんでいた蕾が、開きました。

20130512_083208

初めて見る薔薇の開花です。
感動しました!

 

薔薇の鉢は右側にあるもので、
咲いているのは隣の鉢のエレンダニカの上です。

その後花は次から次へと咲き、エレンダニカに絡みすぎるので独立させ、ベランダの柵の方へツルを寄せ、ひと夏そのままにしておきました。

秋が終わり冬が来る頃は、もうそのツルの処理にギブアップ!

長男を「師匠」とし、薔薇の性格を真剣に考えることにしました。

 

こんな私に命を託すしか無い薔薇の心境や如何に!

薔薇の性格を真剣に考えたとしても、私はずぶの素人。

薔薇の知識は全くなく、経験はせいぜい育てやすい観葉植物を大きくしたぐらい。

さあ、こんな私が薔薇を育てられるのでしょうか?
ずぶの素人に育てられる薔薇の気持ちは、どうなのでしょう?
「運を天に任せる」気分でしょうか(*^_^*)

ということで、
その後長男のところから追加で来た挿し木ニューフェイスも含め、「ずぶの素人に育てられる薔薇たち日記」がスタートされる運びとなりました。
「運を天に任せた薔薇たち」の姿を日々お伝えしたいと思います。

 

おっと、いい忘れました。

言い忘れるところでした。
黄色い花を咲かせた薔薇の名前は、「エバーゴールド」です。

薔薇好きの方は今までの話の流れで「やっぱりね」とお思いでしょうが、薔薇の知識が全くない私は、この名前も必死で覚えました(^_^;)

エバーゴールドは初心者向きの薔薇だそうです。
息子のチョイスは正解だったのですね。
最初から手のかかる薔薇だったら、花を見ることは出来なかったかもしれません。
なにせ、勝手に咲いてくれましたから。
ありがとう!!

これから末永く、どうぞよろしくお願い致します。


公開日:
最終更新日:2015/03/30

perennialblue
ペレニアル ブルーの蕾が開きました。

三日前はこうだったのに、 開くときは一気なんですね。 今朝ベランダに出てみるとこんな感じでした。 &

6
お詫びと訂正。咲いていたのはサハラ’98ではなく、テディベアでした。

お詫びします。 昨日咲いていたのはてっきり「サハラ’98」だと思っていましたが、違ってい

4
気付かない間にサハラ’98も咲いていました。薔薇園とは程遠いベランダで

冬の間ほったらかしにしていたベランダです。 ゴールデンウィーク中にきれいにしようと思っていましたが、

20150131
厳冬のヘンリー・フォンダ、咲きました!

厳冬の中、ヘンリー・フォンダが咲きました。 時間をかけて少しずつつぼみを膨らませ、やっと開いたのに、

henry
ヘンリー・フォンダ 蕾が付いて初めて名前を見ました。ごめんね。

ちょっと前、我が家に流れ着いてきた数鉢の薔薇。 あまり関心を持たず、雑然と鉢を並べただけで、薔薇の名

  • 「記憶」という機能が働きません。そういう年齢になりました。「記憶を頼らず記録する」これが今の私の鉄則です。
    リアル世界とWEB世界、今この繋がりが面白い!親しい人から「〇タクおば・・」と呼ばれています。
    薔薇は・・・・・・新開地の領域です。鉢植えの薔薇をもらったから水をあげた。水をあげたら大きくなった。蕾がついたから超嬉しい・・・そんなこんなの薔薇観察サイトです。